おしらせINFORMATION

2018.03.13
幼稚園のようす

剣道の心を学ぶ

3月9日(金)、日本古来の武道、剣道の紹介が遊戯室でありました。廣池学園少年剣道部の方々が、防具をつけて剣道についてのお話をしてくれました。

剣道の歴史や剣道の構え、基本である正座、黙想そして礼、服装道具等についての説明、紹介がありました。そのあと「剣道は礼にはじまり、礼に終わる」といわれるほど、礼儀を大切にしているスポーツであること、剣道にもルールがあって、面、胴、籠手を打たなければ勝ちにならない等のお話を時折実演を交えながら説明してくれました。剣道着のかっこいい防具、竹刀に園児たちも興味津々です。中には身を乗り出して話に聞き入っているお友達もいました。

その後、実際に剣道具を付けて、試合と同じように二人で打ち合ってくれました。

素早い動き、気合い、打ち込みの激しさにみんなびっくりし、二人の打ち合いを真剣に見つめていました。

最後に、子ども達も一人一人竹刀を持たせてもらって、打ち込みを体験させてもらいました。力いっぱい叩く子、躊躇しながらやさしく叩く子と色々な様子が見られましたが、初めてもった竹刀の感触に子ども達も大興奮でした。

園児たちの中には、日本の誇る武道の一つである剣道に興味を持った子どもたちも大勢いたようです。たくましい心、勇気のこころをしっかり身につけようね、園児の皆さん !

今日は皆で日本古来の武道剣道を見せてもらいます。
廣池学園少年剣道部の方々が子ども達に剣道を見せに来てくれました。
かっこいい胴着を着たお兄さんお姉さん。
面をつける様子も見せていただきました。
剣道の形の実演や
実際に試合も見せてもらいました。
気合たっぷりの試合に子ども達も釘付けです。
最後に一人ずつ竹刀を触らせてもらいました。
面を思い切り打たせてもらってとっても気持ちよかったね!
「礼にはじまり、礼に終わる」最後はお互いに礼をして終わりました。
未就園児の方・入学案内未就園児の方・入学案内はこちら
PAGE TOP