おしらせINFORMATION

2021.02.02
幼稚園のようす

豆まき(心の鬼をやっつけろ!)

2月2日(火)は節分です。みんなで元気に豆まきをして心の中の鬼を退治する日です。

みんなが保育室に集まっていたら、突然、福の神さまの声が保育室に響き渡りました。福の神さまから、節分についてのおはなし(由来と豆まき)を聞き、それぞれの心の鬼を追い払うために、園庭で豆まきをすることにしました。ますを持って、寒くないように防寒着を着て、各学年園庭に集合です。「これから心の鬼退治をしよう!」と気合を入れて整列しました。

すると、突然、恐ろしい声が聞こえてきて、各クラスから3匹の鬼(なきむし鬼、わがまま鬼、おこりんぼ鬼)が現れて、暴れ回りました。本物の鬼です。

鬼達は「俺たちのような子どもたちはいないかあ!」と園児たちに近寄りました。園児たちは、鬼を見て、みな驚き、固まってしまって声の出ない園児もいます。年少さんの中には、恐がって先生にしがみつき、泣き出す子もいました。

先生の合図で鬼に向かって豆をおもいっきり投げつけました。みんなで協力して鬼退治です。さすがの鬼もしだいに疲れだし、ついにはみんなの前に降参です。

最後に、先生が恐る恐る鬼の代表に、「どうして幼稚園にきたの?」とインタビューをしました。鬼さんから、「麗澤幼稚園の子どもたちに悪い子がいるときいてきたけれど、いじわるな、悪い子はいないようだね。でもお友だちにいじわるをしたり、いじめたりする子がいたら、またみんなでやってくるからね。」との話があり、そうそうと裏門から帰っていきました。園児たちは、鬼をやっつけて大満足でした。

朝子ども達が登園すると保育室が大変なことに…。
壁には不気味な手形や
見てるぞ!の文字が…。
怖くて泣いてしまう子もいました。
朝の会で節分についてのお話を聞いていると、
福の神様がやってきて豆まき用の豆をプレゼントしてくれました。
早速園庭に出て、豆まきの開始です。
豆を入れる升は子ども達が自分たちで作りました。
先生に豆を入れてもらって、準備は万端です。
子ども達がニコニコしながら準備をしていると…。
どこからともなく鬼が現れました!
鬼達は悪い子がいないかと探しに来たようです。
恐ろしくて泣いてしまう子が続出しました。
幼稚園で一番小さい学年のりんご組も震えながら見ています。
怖さに負けずに、豆まきの開始です!
鬼は外!福は内!の声に合わせて思い切り豆をまきます。
年少さんも大きな鬼に怯えながら必死に豆をまきます。
涙を流しながらでしたが、みんなとってもよく頑張ったね!
最後は年長さんの出番です。
皆で協力して鬼をやっつけました。
くたびれた鬼がついに降参しました。
みんな怖かったけど、とってもよく頑張ったね!
悪い子がいたら今度こそ捕まえに来るからな!と言い残して鬼は帰っていきました。
豆まきの後は、豆を1人1粒ずつ神様にお供えしました。
皆の心の中の鬼がいなくなりますように!
鬼を倒して大満足の子ども達、たくましい心がまた少し大きくなったね。
未就園児の方・入学案内未就園児の方・入学案内はこちら
PAGE TOP