お知らせ
NEWS

ペッタン、ペッタンお餅つき

3学期最初のイベント「もちつき」が1月12日(金)、遊戯室で行われ、それぞれ学年ごとに交代しておもちをつきました。
子ども達が登園すると園舎内はもち米を蒸かす香りでいっぱいです。おいしそうな香りに子どもたちも餅つきがより楽しみになってきたようです。

餅つきの前に、お餅になる前の蒸しあがったもち米をみんなで一口ずついただきました。口の中でお餅になっちゃった!と大喜びの子ども達。目の前で先生やお手伝いのお父さんたちがついてくれる餅つきの様子を「よいしょ!」の掛け声とともに見守りました。そしていよいよ子ども達の餅つきの時間です。子ども達は、「よいしょ、よいしょ」の掛け声にあわせて、お手伝いのお父さんに助けられながら一緒に杵を振り下ろしました。

その後、保育室に戻って、お雑煮をおいしくいただきました。「こんなに伸びるよ!」「おいしい~!」と感動しながら、おかわりをする子もたくさんいました。中にはおもちの苦手な子もいましたが、自分達でついたおもちの味は格別だったようで、おかわりの列に並ぶ姿も見られました。

子どもたちの心の中に、新年早々楽しい思い出がまた一つ増えたようです。おなかもこころも大満足なもちつきとなりました。

お手伝いいただいた保護者のみなさま、朝早くからご協力ありがとうございました。